2015年08月05日

あくあ、新たな治療を試す!

久しぶりの闘病日記です。
最近は診察も2〜3ヶ月ごとで落ち着いていたので、特に変化なしという状態だったのもありますが。

昨日はあくあの麻布大受診日。
2週間前に行ったばかりですが、またしても角膜にちょとしたキズができていて・・・たらーっ(汗)

左の眼球が肥大しているので、どうしても(寝ているときでも)瞼がしっかり閉じられない。
右目は右目で、逆に眼球が小さくなっていて瞼が眼球に触れず。
そのためドライアイになりやすく、特に肥大している左にキズができやすいんですねもうやだ〜(悲しい顔)

実際、前回できていたキズは抗生物質の点眼で治っていましたが、別の場所に違うキズができていました。

で、前回の診察の時に新たな治療法を提案されていたのですが。

本人(本犬?)の血液からタンパク質のフィブリンを取り出し、それを他の薬剤で凝固させて角膜をコーティングするというものです。

前回の治療の時にフィブリンの精製(?)に2時間ちょっとかかると言われ、自分も心の準備ができていないところへ時間もなかったので、とりあえず2週間様子を見て判断しましょうというコトになっていたののですね。

まだ臨床段階とのことでしたが、命に関わる治療ではないこと、採取する血液が少量であること、使用する薬剤に特にアレルギーが認められないこと、あくあのデータが同じ病気に悩む犬の役に立つかもしれないことなどの理由で、その治療を受けることにしました。


採血前、不安げな表情のあくあ顔(汗)イヤな予感がしてるんだろうなぁあせあせ(飛び散る汗)
IMG_8745-2.jpg

採血後、2時間ちょっと経ってから用意ができたので再度診察室へ。
目の前で治療の様子を見させてもらいました。

治療自体に時間はかからず、特に痛み等もなかったようであくあも落ち着いていました。

治療後のあくあ。
気持ち左目につやが出ています。
IMG_8748-2.jpg

そしてまた3週間後に、経過観察も兼ねて診察に行きます。
継続治療になるのか、またしても点眼薬での治療に戻るのか、それはまだわからないけれど。
この治療で新たなキズが増えないコトを願うばかり(;人;) オ・ネ・ガ・イ

帰りの車(RV)の中では爆睡っ!
保冷剤入りうさこの耳が目線のようになってるwww
IMG_8749-2.jpg

お疲れ様るんるん
次も頑張ろうねexclamation×2

ニックネーム RIEママ&あくあ at 21:39| Comment(0) | あくあ闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント